スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧岩崎家住宅と庭園③

梅雨が明けた関東ですが、なんとなく、「実は、まだ明けてなかったのでは…?」的な、スッキリしない天気が、ここ2、3日続いています。相変わらずの蒸し暑さをキープしながら(汗)。

さて、かなり間延びした感がありますが、今回は「旧岩崎家住宅と庭園③」ということで、前回までの洋館から、「和館と撞球室」のご紹介へと移りたいと思います。

まずは簡単にご説明いたしますと…(※以下、(財)東京都公園協会発行のパンフレットから抜粋)

★「和館」
洋館と結合して建てられた純和風建築。完成当時には建坪550坪に及び、洋館をはるかに凌ぐ規模を誇っていました。建築当時、南には、主人と夫人部屋、子ども部屋など、北には、使用人部屋、台所、事務方詰所、倉庫などがあったそうです。施工は、大工棟梁として、政財界人たちの屋敷を数多く手がけた「大河喜十郎」と伝えられています。

★「撞球室(ビリヤード場)」
撞球室も設計は、ジョサイア・コンドル。当時の日本では非常に珍しいスイスの山小屋風の造りとなっています。全体は木造建築で、校倉造り風の壁、刻みの入った柱、軒を深く差し出した大屋根など、木造ゴシックの流れを汲むデザインとなっています。また、洋館とは地下道でつながっているそうです。

☆和館の小さな庭園。
Iwasaki7

続きを読む

スポンサーサイト

旧岩崎家住宅と庭園②

さてさて、時間に余裕があるときに、、、と思い立ちまして、立て続けではございますが「旧岩崎家住宅と庭園②」と称して記事をかかせていただきます。

ご紹介するのは、前回と同じ「洋館」が中心です。それでは、さっそく、、、

★正面1階が「サンルーム」になります。ここから、芝庭へ出ることができます(見物客は出入りできないようにしてあります)。
Shibusawa Residence15

Shibusawa Residence1

続きを読む

旧岩崎家住宅と庭園①

お久しぶりでございます(笑)。
時が経つのは早いもので、、、あっという間に7月も中旬となり、梅雨の季節も、あと少しとなりました。最近、ちょっとだけ忙しく、なかなか更新できませんでした…(今月初の更新!汗)。すみません。

さて、話は変わりまして、今回は「旧岩崎邸庭園」(パンフレット表記)なる場所をご紹介いたします。東京近郊に在住または縁のある方であれば、ご存知かもしれませんが、「旧岩崎邸庭園」は、正式には「旧岩崎家住宅」として国の重要文化財に指定されている建物と、その庭園とで構成されています。(以下、説明文につきましては、(財)東京都公園協会発行のパンフレットなどから抜粋したものです。)

★旧岩崎邸庭園(重要文化財旧岩崎家住宅)
三菱財閥岩崎家本邸として明治29年に完成。設計は英国人建築家、ジョサイア・コンドル(Josiah Conder)。かつては、15,000㎡を超える敷地に20棟以上の建物がありましたが、現存するのは、洋館、和館、撞球室のみです。

・所在地…東京都台東区池之端1-3-45 
※地下鉄千代田線「湯島」駅下車徒歩約3分
(地下鉄銀座線「上野広小路」駅、地下鉄大江戸線「上野御徒町」駅、JR山手線「御徒町」駅の各駅からも徒歩10~15分程度で行くことができます。)

・開園年月日…2001年10月1日         ・開園面積…16,912.88㎡
・施設…洋館、撞球室(ビリヤード場)、和館    ・開園時間…午前9時~午後5時
・休園日…年末年始(12/29~1/1)       ・入園料…一般400円
※上記は2009年7月現在のものです。ご訪問される際は、最新の情報をご確認ください。

今回ご紹介するのは、上記3施設のうちの「洋館」です。
【洋館】…木造2階建て、地下室付きのヨーロッパ式邸宅。装飾には17世紀のジャコビアン様式を見ることができ、全体的にはイギリス・ルネサンス様式(部分的には、イスラム風のモチーフも)が取り入れられています。

※ジャコビアン様式…17世紀初頭のイギリスのルネサンス期の様式のこと。直線的で重厚な傾向が強い。また、この頃こはすでに「暖炉」が部屋の構成上の中心になっている。

※ジョサイア・コンドル…1852年、英国ロンドン生まれ。1877(明治10)年来日。工部大学校造家学科(現・東京大学工学部建築学科)の初代教授に就任し、日本で初めて本格的な西欧式建築教育を行った。以後、鹿鳴館、上野博物館、ニコライ堂など多くの洋風建築を設計。また、河鍋暁斎について日本画を学び、日本人を妻とするなど、終生日本を愛した。1920(大正9)年、日本で永眠。

★「洋館」を「芝庭」側から。列柱が立ち並んでいる方が南側になります。1階の列柱は「トスカナ式」、2階の列柱は「イオニア式」の装飾が施されているそうです。
Shibusawa Residence14

★2階の列柱(イオニア式)です。
Shibusawa Residence20

続きを読む

Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Recent Entries
Categories
USA (4)
Links
About me

shun

Author:shun
はじめまして。
管理人の「shun」です。

日常生活の中の出来事や旅行記などをデジカメで撮影した拙い写真とともにつづっています。 よろしくお付き合いください。

ブログ内の記事・写真の無断転用および転載等はご遠慮ください。

★リンクフリーと記載されているブログについて、独断でリンクをはらせていただく場合があります。お手数ですが、リンク不要(不可)の場合はご連絡ください(↑「Links」の★からどうぞ)。リンクを削除させていただきます。

Recent Comments
Archives
Weather

-天気予報コム- -FC2-
QR Code
QR
FC2 Counter
summer sky dog new side 5 new side 19 new side 2 photo 3 photo 21 new side 4 photo 14 new side 3 photo 18 photo 11 new side 15 photo 7 new side 6 new side 7 new side 8 new side 17 flower new side 20 new side 9 photo 2 new side 12 new side 11 new side 13 new side 16 new side 10 new side 1 blog blog2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。