スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

史跡 湯島聖堂

今回は、天気のよい土曜日に東京都文京区湯島にある「湯島聖堂」を訪ねてきました。

★湯島聖堂とは…(以下、史跡湯島聖堂,財団法人斯文会のホームページからの抜粋です。)

徳川五代将軍綱吉は儒学の振興を図るため、元禄3年(1690)湯島の地に聖堂を創建して上野忍岡の林家私邸にあった廟殿と林家の家塾をここに移しました。これが現在の湯島聖堂の始まりです。その後、およそ100年を経た寛政9年(1797)幕府直轄学校として、世に名高い「昌平坂学問所(通称『昌平校』)」を開設しました。

明治維新を迎えると聖堂・学問所は新政府の所管するところとなり、当初、学問所は大学校・大学と改称されながら存置されましたが、明治4年(1871)これを廃して文部省が置かれることとなり、林羅山以来240年、学問所となってからは75年の儒学の講筵は、ここにその歴史を閉じた次第です。ついでこの年わが国最初の博物館(現在の東京国立博物館)が置かれ、翌5年(1872)には東京師範学校、わが国初の図書館である書籍館が置かれ、7年(1874)には東京女子師範学校が設置され、両校はそれぞれ明治19年(1886)、23年(1890)高等師範学校に昇格したのち、現在の筑波大学、お茶の水女子大学へと発展してまいりました。このように、湯島聖堂は維新の一大変革に当たっても学問所としての伝統を受け継ぎ、近代教育発祥の地としての栄誉を担いました。

大正11年(1922)湯島聖堂は国の史跡に指定されましたが、翌12年(1923)関東大震災が起こり、わずかに入徳門と水屋を残し、すべてを焼失いたしました。この復興は斯文会が中心となり、昭和10年(1935)寛政時代の旧制を模し、鉄筋コンクリート造りで再建を果たしました。この建物が現在の湯島聖堂で、昭和61年度(1986)から文化庁による保存修理工事が行われ、平成5年(1993)三月竣工いたしました。

★JR「御茶ノ水」駅から徒歩約2分、東京メトロ千代田線・丸の内線の「新御茶ノ水」駅から徒歩約2分
※公開時間等につきましては、上記「史跡湯島聖堂,財団法人斯文会のホームページ」でご確認ください。

↓↓「仰高門」です。
Yushima2

↓↓こちらは「大成殿」です。
Yushima3


続きを読む

スポンサーサイト
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Recent Entries
Categories
USA (4)
Links
About me

shun

Author:shun
はじめまして。
管理人の「shun」です。

日常生活の中の出来事や旅行記などをデジカメで撮影した拙い写真とともにつづっています。 よろしくお付き合いください。

ブログ内の記事・写真の無断転用および転載等はご遠慮ください。

★リンクフリーと記載されているブログについて、独断でリンクをはらせていただく場合があります。お手数ですが、リンク不要(不可)の場合はご連絡ください(↑「Links」の★からどうぞ)。リンクを削除させていただきます。

Recent Comments
Archives
Weather

-天気予報コム- -FC2-
QR Code
QR
FC2 Counter
summer sky dog new side 5 new side 19 new side 2 photo 3 photo 21 new side 4 photo 14 new side 3 photo 18 photo 11 new side 15 photo 7 new side 6 new side 7 new side 8 new side 17 flower new side 20 new side 9 photo 2 new side 12 new side 11 new side 13 new side 16 new side 10 new side 1 blog blog2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。