スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日ですね。

今年最後の朝焼けです。早起きしたので、つい撮ってきました…。ということで、予定外のUPとなりました(汗)。明け方は埼玉もかなり冷え込んだようで、水たまりには氷がはっていました。それでも、ところどころ菜の花も咲いていましたので、しばらく菜の花を眺めながら、ほのぼのしてきました。それではみなさま、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

rising sun


スポンサーサイト

Tokyoの夜景

今回は、東京の夜景(らしきもの?)を撮ってみました。素人の僕としては、これくらいが限界です…(笑)。
それにしても「高いところから街やら山やらを眺める」というのは爽快ですね。

ところで、今回が今年最後の更新になると思います。今年1年、本当にありがとうございました。
つまらないブログにもかかわらず、いつもご訪問くださるみなさま、あたたかいコメントを残してくださるみなさまに心より御礼申し上げます。1年間なんとかブログを続けることができたのは、みなさまのおかげです。本当にありがとうございました。更新頻度は少なくなると思いますが、来年も細々と続けていく予定でおりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

↓↓夕暮れ時の景色です。
night5

↓↓暗くなり、街に明かりが溢れてきました。
night3



続きを読む

新宿御苑②

クリスマスも終わり、いよいよ今年も、あと1週間ありませんね…本当に早いものです。
最近は特に「1年」があっという間に過ぎ去ってしまい、「また今年も何もできなかったなぁ…」と反省することが多くなりました。よくよく考えれば、今年もいろいろと頑張ったし(笑)、いろんなことがあったんですけどね(汗)。

さて、今回も前回から引き続き「新宿御苑」をご紹介いたします。

↓↓バラ花壇から見る新宿のビル群。(Shinjyuku Gyoen National Garden)
shinjyuku gyoen2-6

↓↓フランス式整形庭園のプラタナス並木。
shinjyuku gyoen2-2



続きを読む

Message

Christmas
Love looks not with the eyes, but with the mind.
愛は瞳ではなく、心で見つめるもの。

クリスマスの夜。家族と素敵なディナーを囲む人も、恋人と2人で愛を語らう人も、
ひとりで静かな夜を過ごす人も…すべての人にHappyなXmasでありますように。

Christmas2
A merry Christmas to you!

新宿御苑①

今回は、何かと慌しく感じる年の瀬に、ゆっくりと時間が流れている空間(たぶん…笑)の写真をUPしてみました。場所は新宿御苑で、撮影したのは先週の土曜日(12月19日)です。結構な数の人が散策していたと思いますが、新宿御苑はかなりの広さがあるので、雰囲気的には閑散としている印象でした。苑内には、日本庭園、英国風景式庭園、仏国式庭園があり、水辺で戯れる鳥の姿やバラ、水仙などの花々も楽しむことができます。

・入場料 一般:200円
・開園時間:9:00-16:00 (閉園は16:30)  
・休園日:毎週月曜日(月曜日が祝祭日の場合はその翌日)、年末年始(12/29-1/3)
※今度の年末は、28日が月曜日、年始の1/4が月曜日であるため、12/28-1/4が休園となるようです。
※詳細につきましては、新宿御苑のHP等でご確認ください。

Shinjyuku Gyoen National Garden
shinjyuku gyoen5

↓↓寒い日でしたが、日差しは暖かかったです。
shinjyuku gyoen3



続きを読む

Tokyo & Mt.Fuji

今日は埼玉県民の僕が、久方ぶりに新宿に出かけた際に撮ってきた写真をUPしてみました。
多くの方が、いろんなところで目にしたことがあるような写真ばかりですが…(汗)。

僕は、基本的に人が多いところは苦手でして、新宿や渋谷、池袋といった場所に行くのは必要最小限にしています。それでも、この日は天気がとても良かったので、「新宿の高層ビルの展望室からの眺めは、きっと爽快だろうなぁ…」と思い立ち、そのまま朝から出かけた次第です(笑)。

Shinjuku2

↓↓幹線道路沿いにビルが建ち並んでいるのがよく分かります。遠くには富士山も。
Shinjuku5



続きを読む

朝靄の散歩道

いよいよ年の瀬となってまいりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
最近は朝晩の冷え込みも強く、昼間の日差しのありがたみが身にしみるようになりました。

さて、今回は久しぶりに、いつもの散歩道の12月の様子をご紹介したいと思います。
この日は早朝から靄がかかり、いつもとは違った雰囲気を味わいながら散歩を楽しむことができました。

mist1

↓↓いつもは水鳥が遊んでいる川面の様子です。
mist4


続きを読む

Message

bicycle

Try not to become a man of success, but rather try to become a man of value.
成功者になろうとするよりも、価値ある人になるように努めなさい。 [ Albert Einstein ]

※「man」という単語を使っていますが、差別的な意味はありません。念のために。

埼玉県立別所沼公園

今日は、埼玉県さいたま市にある「県立別所沼公園」をご紹介します。訪ねたのは12月6日の午後3時ごろです。陽はすでに西に傾き始めていましたが、公園内は釣りを楽しむ人や家族連れ、そして、子どもたちでとてもにぎわっていました。県立別所沼公園へは、JR浦和駅からなら徒歩で約20分くらいで行くことができます。

秋から冬へ姿を変えようとしている公園内の様子をご覧ください。

Bessyonuma1

Bessyonuma7


続きを読む

小石川植物園② ~携帯カメラ編~

関東でも、季節は確実に秋から冬に移ってきました。今回も前回からの続きで「小石川植物園」をご紹介いたします。ちょっと間延びした感あり、さらに、時期が少々ずれてしまった感あり、、、ですが(笑)。

↓↓植物園内の池(沼)の様子です。こちらも自然の状態です。
Koishikawa8


続きを読む

Message

morning 
                いつもの散歩道で。

Be happy. It is a way of being wise.
Happyでいましょう。それが賢い道だもの。

悩むことも悔やむことも怒ることも、そして思いきり泣くことさえも、生きることに必要不可欠なもの。
Happyなだけの人生なんて、つまらないだけ。だって、"Happy"を目指す楽しみを知らないんだから。

小石川植物園① ~携帯カメラ編~

今回ご紹介するのは「小石川植物園」(正式には「東京大学 大学院理学系研究科 附属植物園」)です。

★小石川植物園とは…(以下は、小石川植物園サイトよりの抜粋です。)
東京大学大学院理学系研究科附属植物園は、一般には「小石川植物園」の名で呼ばれ親しまれており、植物学の教育・研究を目的とする東京大学の教育実習施設です。この植物園は日本でもっとも古い植物園であるだけでなく、世界でも有数の歴史を持つ植物園の一つです。約320年前の貞享元年(1684)に、将軍職に就く前の徳川綱吉の白山御殿の跡地に徳川幕府が作った「小石川御薬園」がこの植物園の遠い前身であり、園内には長い歴史を物語る数多くの由緒ある植物や遺構が今も残されています。明治10年に東京大学が設立されると共に、直ちに附属植物園となり一般にも公開されてきました。面積は、161,588m2(48,880坪)で、台地、傾斜地、低地、泉水地などの地形の変化に富み、それを利用して様々な植物が配置されています。この植物園は日本の近代植物学発祥の地でもあり、現在も自然誌を中心とした植物学の教育・研究の場となっており、特に東アジアの植物研究の世界的センターとして機能しています。

明治神宮外苑の銀杏並木を散策した後に、小石川植物園を訪ねたのですが、デジカメのバッテリーが切れてしまい、携帯のデジカメで撮ろうと思ったのですが、こちらも心もとなく、かろうじて撮れたのが本日の掲載分です(涙)。園内には「ニュートンのリンゴの木」や「メンデルのブドウ」などもあったのですが、残念ながら携帯のバッテリーも切れてしまい、撮ることができませんでした(涙)。以下、すべて携帯のデジカメで撮りました…(笑)。

・開園時間:9:00-16:30(入園は16時まで)[植物園内温室(一部)の公開時間 10:00-15:00(祝日の場合は閉室)]
・休園日:月曜日(祝日の場合は、その翌日)
・入園料:大人(中学生以上) 330円、小人(小学生児童) 110円 など
※入園する際は、正門前の商店で入園券を購入します。それを植物園正門受付で渡すことになります。
※上記は平成21年11月末現在のものです。

↓↓ケータイでも結構撮れるものですね…。
Koishikawa13

Koishikawa1


続きを読む

六義園 ~秋の夜間ライトアップ~

先日、僕は初めて「六義園」の夜間ライトアップを見物しに行きました。紅葉のライトアップがメインだと思うのですが、六義園では、それほど多くの木々が紅葉するわけではないので、個人的には「夜の公園散策」といった感じでした(笑)。もちろん、池の水面に映る木々の姿や紅葉の様子は美しかったのですが…。庭園全体としての印象は、ライトアップされている部分以外はほとんど真っ暗、という感じでした。ただ、それが幻想的な雰囲気を演出していたように思います。
この夜の人出は、平日と言うこともあり、まずまずといった程度で、園内通路の幅の広い所では、三脚を使って撮影するスペースは十分ありました。実際、そういったカメラマンの方々を結構見かけましたので。…以前にも言いましたが、僕は恥ずかしながら三脚というものを持っていません(汗)ので、今回もまた、あれこれ試行錯誤しながら写真を撮ってきました(笑)。それは、それで楽しめました。

Rikugien3

↓↓暗闇の中、ライトアップされた一本だけの紅葉した木。
Rikugien2

続きを読む

Message

old tree
Courage is born in difficult moments.
困難な時に勇気は生まれる。

交差点の中心に立つ大きな木。そこにあるのは、悠久の時間(とき)を生きてきた力。
Calendar
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Recent Entries
Categories
USA (4)
Links
About me

shun

Author:shun
はじめまして。
管理人の「shun」です。

日常生活の中の出来事や旅行記などをデジカメで撮影した拙い写真とともにつづっています。 よろしくお付き合いください。

ブログ内の記事・写真の無断転用および転載等はご遠慮ください。

★リンクフリーと記載されているブログについて、独断でリンクをはらせていただく場合があります。お手数ですが、リンク不要(不可)の場合はご連絡ください(↑「Links」の★からどうぞ)。リンクを削除させていただきます。

Recent Comments
Archives
Weather

-天気予報コム- -FC2-
QR Code
QR
FC2 Counter
summer sky dog new side 5 new side 19 new side 2 photo 3 photo 21 new side 4 photo 14 new side 3 photo 18 photo 11 new side 15 photo 7 new side 6 new side 7 new side 8 new side 17 flower new side 20 new side 9 photo 2 new side 12 new side 11 new side 13 new side 16 new side 10 new side 1 blog blog2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。